1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
愛のゆくえ(仮)
2013/7/7(日)16:50
2013/7/8(月)〜7/12(金)20:30

もし、あの時に出会っていなかったら、
わたしたちは、どう生きてきただろうか ―





人目を避け、息を殺して生き続ける男・浩司(寺十吾)と、偽りの名で社会生活を送りながら男を生かし続ける女・陽子(前川麻子)。2011年3月11日の大震災から1年経った春。アパートの一室。その日、女はいつも通り2人分の弁当を買う。そして男に頼まれてもいない買い物をし、懐かしい歌を口ずさむ。いつもと同じようで少し違うお互いの様子。長い夜、2人の17年間の答え合わせが始まる。

1995年に起きたオウム真理教による「地下鉄サリン事件」は、世界中を震撼させ日本の安全神話を破壊した。そして2011年、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故が起こった年の最後の日、全国指名手配容疑者で元オウム真理教の幹部・平田信は出頭した。ともに逃亡を続けた女性との生活は17年にわたった。平田をかくまうために積み上げられた嘘。その嘘の集積で出来上がった部屋=世界には、逃亡犯である平田の現実を超えた2人の生活があったのではないだろうか。自分とは全く違う人間だと思っていた2人の日常をモチーフに、わたしたちの17年間をも思い起こさせる、限りある時間の愛の物語。
脚本・主演は劇団「アンファンテリブル」などを主催する女優・劇作家・演出家の前川麻子。共演に劇団「tsumazuki no ishi」主宰の寺十吾。名実ともに演劇界屈指の二大俳優が映画で共演。監督は、青森県六ヶ所村核燃料再処理工場を背景に人が生きることの覚悟を描いた『へばの』が国内外で大きな話題をよんだ木村文洋。エンディングテーマにはアン・ルイスの屈指の名曲『グッド・バイ・マイ・ラブ』を太陽肛門スパパーンの花咲政之輔が大胆にプログレッシブ・カヴァー、作品により一層の厚みを与えている。

監督:木村文洋
脚本:前川麻子 木村文洋
プロデューサー・撮影:高橋和博
出演:前川麻子 寺十吾
2012年/日本/86分


http://teamjudas.lomo.jp/aikari.html
吉岡睦雄(広島出身)出演作品 特選レイトショー
『へばの』公開記念企画

2009/4/12(日)〜23(木)

・4/12(日)〜14(火)22:50『デコトラギャル奈美』
脚本・監督:城定秀夫 出演:吉沢明歩 吉岡睦雄 今野梨乃

・4/15(水)〜17(金)22:50『ゆーのーみー』R-18
監督:大西裕 脚本:西田直子 加東小判
出演:吉岡睦雄 宮崎あいか 花村玲子 川瀬陽太
(成人館公開題:おんなたち 淫画)

・4/20(月)・21(火)22:40『ヒモのひろし』R-18
監督:田尻裕司 脚本:守屋文雄
出演:吉岡睦雄 平沢里菜子 藍山みなみ 佐野和宏
第2回ピンクシナリオ大賞・グランプリ
(成人館公開題:SEXマシン 卑猥な季節)

・4/22(水)・23(木)22:40『草叢』R-18
監督:堀禎一 脚本:尾上史高
出演:速水今日子 吉岡睦雄 伊藤猛 森田りこ 佐々木ユメカ マメ山田
第2回ピンクシナリオ大賞・準グランプリ
(成人館公開題:不倫団地 悲しいイロやねん)

料金:当日1300円 シニア1000円 ※回数券・割引券使用可

吉岡睦雄:1976年広島県生まれ。上京後、女優で作家の前川麻子に師事。2002年今岡信治監督「したがる先生 濡れて教えて」で映画デビュー。「たまもの」「おじさん天国」等のいまおかしんじ監督作品を中心に、ゼロ世代ピンク映画の顔として活躍。さらに、前田弘二監督「古奈子は男選びが悪い」やノンクレジットだが実質主演の「放送禁止〜劇場版」など、数多くのインディーズ作品に活躍の場を拡げている。
へばの
2009/3/22(日)17:00先行上映&木村文洋監督トーク開催
4/12(日)〜18(金)21:00
4/19(土)〜24(金)11:15 ※4/19(日)17:00より追加上映!


核燃料再処理工場がある青森県六ケ所村。この地で生活する紀美と彼女の恋人であり、その工場で働く治。2人が思い描いていたごく普通の幸せ…結婚して子供をもうけ、新しい家庭を築く。だが、作業中にプルトニウムの内部被曝に襲われた治は、紀美の前から突然姿を消してしまい、3年の月日が流れる…。
この映画は、2人の別れと再会を描いた《愛の物語》であり、生きるうえでの「選択」とは何かを描いた作品。紀美は、恋人や父親といった男たち、そして放射能汚染という現実に翻弄されながらも、運命と向き合い、自分自身や世界を認めるかのように、その地で生きようとする。井土紀州監督「ラザロ」の制作・上映も手がけた79年青森出身の俊英・木村文洋監督が、私たちにどのように生きるのかと問いかける渾身の話題作。

脚本・監督:木村文洋
出演:西山真来 吉岡睦雄 長谷川等 工藤佳子
2008年/日本/81分

配給:team JUDAS
http://teamjudas.lomo.jp/

〈おしらせ〉
・3/22『へばの』先行上映&木村文洋監督トークショー
日時:2009年3月22日(日)17:00開演
会場:横川シネマ
料金:一般1700円 大学1500円 60才以上&高校以下1000円
4/14(火)中国新聞夕刊に木村文洋監督のインタビュー記事掲載。
『へばの』先行上映&木村文洋監督トークショー
■4/12(日)からのレイト&モーニング公開に先がけた上映会です。木村文洋監督に来場いただき、上映後トークショーも行います。ご期待下さい!

日時:2009年3月22日(日)17:00開演
会場:横川シネマ
料金:一般1700円 大学1500円 60才以上&高校以下1000円
割引料金でのメール予約(当日精算1300円)も受付中。ご希望の方は、件名を「へばの先行予約」として、お名前、人数、ご連絡先を明記の上、〈cinema-st@mx41.tiki.ne.jp〉までお申し込み下さい

『へばの』 http://teamjudas.lomo.jp/