1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
マンチェスター・バイ・ザ・シー
《8月》
2017/8/15(火)〜8/30(水)14:30 ※8/27(日)31(木)休映
《9月》
2017/9/1(金)〜9/7(木)14:30
2017/9/8(金)〜9/14(木)16:15



監督・脚本:ケネス・ローナガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ
2016年/アメリカ/137分
http://www.manchesterbythesea.jp/
アメリカ・ボストン郊外でアパートの便利屋として働くリーは、突然の兄の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた。兄の遺言で16歳の甥パトリックの後見人となったリーは、二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる。なぜ彼は心を閉ざして生きるのか?なぜすべてを残してこの町を去ったのか?父を失ったパトリックと共に、リーは新たな一歩を踏み出す決心をする…?

本年度アカデミー賞で見事2冠(主演男優賞、脚本賞)に輝いた本作は、リーの心の傷を描きながら、彼を取り巻く人びとがそれぞれに抱える“痛み”も繊細に映し出す。「ギャング・オブ・ニューヨーク」でアカデミー賞脚本賞にノミネートされ、本作で初のオスカーを獲得したたケネス・ロナーガンの脚本はリアリティとユーモアが満載で、そのまなざしは寛容さに溢れ、ささやかだが確かな希望を感じさせる。慎ましくも深く、静かに心に染み入る新たな傑作がここに誕生した。


スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/2028
TRACKBACK