1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
汚れたミルク あるセールスマンの告発
《第1週》 2017/6/1(木)〜6/7(水)11:50
《第2週》 2017/6/8(木)〜6/14(水)17:30



監督:ダニス・タノヴィッチ
脚本:ダニス・タノヴィッチ、アンディ・パターソン
音楽:プリータム
出演:イムラン・ハシュミ、ギータンジャリ、ダニー・ヒューストン、カーリド・アブダッラー、アディル・フセイン
2014年/インド・フランス・イギリス/94分
http://www.bitters.co.jp/tanovic/milk.html
1997年。ある大手グローバル企業が、パキスタンで粉ミルクを強引に販売したことによって、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児が死亡する事件が発生した。セールスマンのアヤンは、自らが販売した商品が子どもたちの命を奪っている事に気づき、世界最大企業を訴えようとする。アヤンの前に立ちはだかる、途方もなく巨大な権力の壁。しかし、男は人生の全てを投げうって立ち向かう。子どもたちを守るため、そして愛する家族のために─。
これはパキスタンで実際に起こった事件を基に描かれる、隠された真実の物語。映画は善良なセールスマンの無謀とも言える奮闘を、真正面から力強く描きあげた。男の勇気ある行動は、信念を貫くということ、何物にも代え難い命の尊さを教えてくれる。世界で議論を巻き起こした幻の問題作が、ついに満を持して世界初公開となる。

メガホンを執ったのは、「ノー・マンズ・ランド」で衝撃のデビューを飾り、「鉄くず拾いの物語」でベルリン国際映画祭三冠に輝いた、名匠ダニス・タノヴィッチ監督。常に社会問題をテーマにしながら、そこにユーモアやエンタテイメント性を加えて人びとの心を魅了する監督は、この悲しい事件にショックを受け、世界にこの問題を訴えたいと立ち上がった。さらに、世界中で大ヒットを記録した「めぐり逢わせのお弁当」製作チームとタッグを組み、いくつもの困難を乗り越えて見事映画を完成させた。実話を基にしながらも、映画は主人公アヤンの孤高な奮闘劇をドラマチックに活写し、いわゆる告発映画というジャンルを超え我々の心を鷲掴みにする。
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1989
TRACKBACK