1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
円盤・田口史人のレコード寄席〜爆音万博編
2016/12/2(金)18:30開場 19:00開演


国民的一大イベント「万国博覧会」にまつわるレコードを横シネの音曲設備で爆音で聴こうという素敵な会です!これは本当にスゴイんで見逃し厳禁でよろしくです!!!!!!広島では年に2回レコード寄席が開催されています。最近は横川の古本屋「本と自由」にて開催を続けてきました。ありがたいことに毎回満員御礼状態で、当日は立見も含め場内極めて濃密な空間となっております。今回は田口さんの「万博特集はハイファイな音環境で!」という熱烈な希望もあり、近所の映画館「横川シネマ」の音響を使っての爆音開催となりました。十分にお席のご用意はありますが、人気イベントの為ご予約をオススメします。以下の店頭もしくは電話、メールにて受付中です。お名前・人数をお伝えください。宜しくお願い致します。
料金:1500円(ワンドリンクオーダーお願いします)
予約:横川シネマ(082-231-1001)、本と自由(082-233-9239)
※メールでのご予約は haroworkshop@gmail.com
会場・問い合わせ:横川シネマ(082-231-1001)

◎レコード寄席とは◎
生活の中で生まれ使われて来た昭和のふつうの暮らしの傍らにあった、あまりにも当たり前にあって忘れられてしまったレコードを聞いてみようというイベントです。日本各地の御当地盤、町の人々の自主制作盤はもとより、記念品、記録、PR、報道、実用品各種、引き出物など。レコード文化の裾野に広がる広大な世界を探訪します。はじめのうちは珍しい音源のように聞こえるかもしれませんが、聞いているうちに誰もが「あれ、そういえば家にそんなものがあったような気が….」と、忘れかけていた記憶の扉が次々と開いていきます。レコードは、流行のためだけに作られたものではなく、実は、生活に密着した様々な目的で作られたものの方が圧倒的に多かったのです。それらはあまりに近すぎたために捨てられたり、しまい込まれたりして、顧みられることがありませんでした。それらのレコードにそのまま耳を傾けてみれば、ゆっくりと当時の暮らしが見えてきます。

田口史人(たぐち・ふみひと)
一九六七年神奈川生まれ。高円寺円盤/リクロ舎店主。九〇年頃から音楽ライターとして活動。同時に新作、旧音源の復刻などのCD制作を始め、これまでに三〇〇タイトル以上を製作。現在は店の営業と平行して、全国各地で「レコード寄席」という出張トークショウを行っている。
http://enbannews.blogspot.jp/

スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1904
TRACKBACK