1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
世界の終わりのいずこねこ:ミイケ先生presentsネ申イベ∞ ※雪華、野々風、Honeyrips、The GALAXY CAT、零式下剋嬢
2015/5/2(土)雪華、野々風(広島)ライブ、ふーみー華(MC)+『世界の終わりのいずこねこ』
2015/5/3(日)Honeyrips(山口)ライブ+『世界の終わりのいずこねこ』
2015/5/9(土)The GALAXY✩CAT(広島)ライブ+『世界の終わりのいずこねこ』
2015/5/10(日)零式✩下剋嬢(福岡)ライブ+『世界の終わりのいずこねこ』
・15:00開場|15:30ライブ開演|15:50映画上映|17:20物販

・当日料金:一般1700円 学生1300円 シニア1100円 高校生以下1000円
・予約料金:一般1400円(開場時、優先入場)
◎ご予約(当日精算)希望の方は、横川シネマまで、電話082-231-1001かメール(cinema-st@mx41.tiki.ne.jp)までお申し込みください。その際は、日にち・お名前・枚数・ご連絡先を明記してください。
※学生・シニア・高校生以下は当日と同額(開場時、優先入場)
※5人グループでご予約の方は、グループ割5200円にいたします
※全席自由席です


アイドルはすぐ消えてしまう。しかし、あるアイドルの死は「終わり」ですらなく、見渡せばアイドルは膨大にそこに生まれ、「推し」は微細になりつつも無限に増大する。神イベ∞はその実践です(西島大介)
アイドル界で異彩を放ち、昨年その活動を終了した人気ソロアイドル「いずこねこ」の最初で最後の主演映画『世界の終わりのいずこねこ』。西暦2035年=アイドルがいなくなった世界で起きた絶望と希望のドラマは、映画、サウンドトラックCD、写真集、コミカライズ単行本など多面体プロジェクトとして拡張を続けているけれど、その中心にある「いずこねこ」は、もうこの世界には実在しない…。
本作に共同脚本とコミカライズ、そしてミイケ先生として出演を果たした漫画家・西島大介が、映画が描いた「アイドル」が存在しない西暦2035年と、「いずこねこ」不在の西暦2015年をシンクロさせるべく、次世代のご当地アイドル4組を招聘する、映画×アイドルのスペシャル企画です!

・いずこねこ "e.c.l.s."


・5/10(日)出演!零式☆下剋嬢 "零"
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1651
TRACKBACK