1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
地下音楽♥現場物語〜福岡ボギーと広島ゴトウイズミの事情編〜
2014/2/1(土)〜2/7(金)1週間限定レイトロードショー!
・2/1(土)20:10/23:30(真夜中のミッドナイトショー:ボギー ロビーライブ付き)
・2/2(日)20:40
・2/3(月)〜2/7(金)20:10
◎2/1(土)の23:30、2/4(火)〜7(金)は、ゴトウイズミ監督が舞台挨拶を行います!

私はキャバレー。ボギー君は祭。
地下(インディーズ)音楽界の皆さんへ送るリアルな「現場」の物語!


広島の「音楽喫茶ヲルガン座」を主宰するミュージシャン・ゴトウイズミ。
ヲルガン座が5周年を迎えたある日思った事。
"自分は勢いが無くなったのではないか?"という小さな疑問。

その時浮かんだ人物こそ福岡のミュージシャン・ボギー。
20年にも渡り地元福岡のライブシーンにパワフルで可笑しい仕掛けを繰り出し続ける彼。

「私の目標になるような人の日常に密着したい!」
その気持ちのままに私は福岡・熊本へと飛んだ。
そして分かった事があったのだ!"現場はこうして作られている!!!"

決してメジャーには成り得ない世界に生き続けている二人と、それを取り囲む人達の小さく、しかし確実に存在している「地下音楽界」のドキュメンタリー!!

監督:ゴトウイズミ 編集:filmout、ゴトウイズミ
出演者:ゴトウイズミ、ボギー
ベイビー、門土、天晴、オクムラユウスケ、奥村隆子、Jaaja、村里剛、藤山正道、坂上ヨシキ、西塔正崇、藤田進也、井上周一、牧畜業者、溝口智之、テル、吉村さん、michiさん、増田幸介、FU-WHO、キラ、chang、遠藤賢司、マーガレットズロース、タテタカコ、東京ローカル・ホンク、三ヶ田圭三、チャーリービーンズ 、THE VOTTONES 、八洲、DOC HOLiDAY AND APACHE TRAiN 、nontroppo 、はるかぜ2013スタッフのみなさん、音丸、safie、Cherry Typhoon、末武太、三上寛、ガール椿、カウリスマキ、大森靖子、佐川峯、ゴトウイズミのgirogiro音楽隊
協力:今、アビ君、ムコちゃん、村里杏、野海順治、野海はるね、藤井よしえ、ささち、塚本功、川原一紗、ふちがみとふなと、monju、福山晋 

" target="_blank">http://blog.goo.ne.jp/gotoizumifilm

◎ボギー・プロフィール
福岡を拠点にお祭り生活をおくる日々。ヨコチンレーベル代表、イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。バンド「nontroppo」の活動と平行し、DJ、テレビやラジオ出演、雑誌のコラム、イラストレーター、等々、その表現欲求は多岐に渡るが、全ての活動のルーツはやはり弾き語りであったりする。2010年、自作の曲を108曲歌うという偉業を7時間半かけて達成(ギネス非公式記録)。2011年、自身のキャリアを網羅したソロアルバム「青い春」を発表し、独創性と音楽性が秘かに高く評価される。2013年、音楽生活20周年を記念し異常なペースで全国各地でライブをしまくる日々。歌としゃべりで時空を超えるライブは常に大団円!名前の「ボギー」とはボーカル/ギターの略。
・HP)http://www3.to/yokotin/
・ブログ)http://blogs.yahoo.co.jp/bogey4649
・ツイッター)https://twitter.com/#!/BoGGGeY
・Facebook)https://www.facebook.com/bogggey

◎ゴトウイズミ・プロフィール
http://gotoizumi.net/
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語り。昭和や純喫茶を愛しその楽曲も多い。アメリカのSXSW出演やFRINGEFESTIVALなどヨーロッパを中心に海外でも活動中。見世物小屋バンド「ねこ虫」を経て、現在は舞台型アコーディオン弾き語りのスタイルと、キャバレースタイルを中心に活動中。数々のミュージシャンとの変則的なセッションやユニットも多く行う。全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、CMのナレーション、ライター活動、ラジオのパーソナリティ、自主映画製作などの活動をしつつ、広島の原爆ドーム近くでヲルガン座・ふらんす座・廃墟ギャラリー・十日市アパートを主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。2013年9月ドキュメンタリー映画「地下音楽❤現場物語」を製作。
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1521
TRACKBACK