1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
星座
《第1週》2013/11/23(土)〜11/29(金)12:30/18:50
※23・29日は12:30のみの上映です

※24日は、12:30と18:50の両回に貴山侑哉さん(刑事役)の舞台挨拶を行います!
《第2週》2013/11/30(土)〜12/6(金)16:20/20:10
《追加上映》2013/12/7(土)〜12/13(金)15:50 ※12/8(日)上映なし

あの冬の夜、ただ一度だけ、
孤独に光る星々が結んだ 〈星座(コンステレーション)




灰塵たちこめ、無骨な工場群のそびえる川崎湾岸。造船所で働く聾唖の女性・マチはある日、職場を訪ねてきた刑事の聴取を受ける。付近で密入国したとおぼしき外国人犯罪者の行方が捜索されているのだ。同僚の由紀子はマチがその男と会ったことを知って戸惑うが、彼女の心配をよそに、一夜の夢を現実にたしかめるように、彼の居た場所を幾度となく訪れ、記憶の傷跡をつなぎ続ける……。

「USB」「カインの末裔」の奥秀太郎監督、待望の劇場映画最新作は、モノクロの陰影艶やかな映像と、エモーショナルなギターの音色をまとい、黒田育世とファビアン・プリオヴィユ―――国内外で活躍する二人のダンサーが表情豊かに舞う、大人のためのファンタジーに仕上がった。
めぐり逢うはずのなかった二人の、言語を介さない、一刹那の夢のような対話。身体の呼­応を一つ一つたしかめながら、温めあうように想いを交わす男女の舞踏が、心を揺さぶる­。そして夜が明け、波止場の彼方へ恋を追いかける彼女は、白昼に踊り続ける。
星光の響き合いの瞬間をとどめようと、漆黒の天空を仰いで描く、永遠不変の物語。

出演:黒田育世、ファビアン・プリオヴィユ、占部房子、高都幸男、今奈良孝行 貴山侑哉

監督・脚本・編集:奥秀太郎
音楽:松本じろ
撮影監督:与那覇政之 衣装:矢内原充志
美術:池宮城直美 デザイン:溝上水緒
配給:NEGA
2013年/日本/93分


http://www.negadesignworks.com/seiza/
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1477
TRACKBACK