1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
花物語バビロン
ヒロシマ平和映画祭2011+シャリバリ地下大学presents【空族 夜の祭り−無職と平和の夜−】
2011/12/10(土)19:00開演

babylon
監督・脚本・撮影:相澤虎之助
撮影:行友太郎 音楽:前瀬宗佑 佐々木力也
出演:柳田祐記 安田豊久 行友太郎
1997年/45分/広島初公開

バビロンの花は阿片の花。ひとりのバックパッカーの道筋の中で語られる東南アジア近現代史。酩酊確実!
90年代セカンドサマーオブラブのうねりの中で、日本中からバックパッカーが世界に向けて旅立った。あるものはインドへ、あるものはチベットへ、若手お笑い芸人が世界を旅するテレビ番組が好評を博していた。
その中で1人の若者がタイ北部チェンマイへと旅立っていった。この時期旅立った多くの若者たちは「自分探し」と称した自分たちの旅行が、いったい何の上に成り立っているのかを考えはしなかった。
しかし、歴史はそれを許さない。1人の若者は、バンコクの安宿である夢を見る。一面のケシの花畑の中で声が聞こえてくる。
「わたしたちを救ってください」
その声にひかれ、若者は20世紀の歴史の闇に葬り去られようとしている東南アジアの少数民族、モン族の村へと向かうのであった。

同時上映:『rap in tondo の長い予告編』
ゲスト:相澤虎之助監督 富田克也監督(空族)
MC:上村崇 行友太郎(シャリバリ地下大学)
特別料金:1500円均一
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1172
TRACKBACK