1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
横川シネマ!!みどころ掲示板(2011/2/5〜2/11)
今週から、『ラザロ』『行旅死亡人』の井土紀州監督の広島初公開作3本を軸にした特集上映【映画一揆 井土紀州2011】が始まりました。まずは2/10(木)までレイトショーにて旧作を日替わり上映中。特にデビュー作の『百年の絶唱』は、ちょっと頑張って貴重な16ミリフィルムで上映しますので、是非。そして、2/12(土)には井土紀州監督とスタッフキャスト有志の来館も決まってますよ!
百年の_1
ちなみに『百年の絶唱』は当時8ミリフィルムで制作された作品。当然フィルムはマスター1本しかないので必ず監督が立ち会う…という形でしか当時は上映が実現しない作品でした。8ミリフィルムの質感の魅力に現在触れていただける機会というのはかなり限られていますが、面白い事に、2/13(日)の【無職と平和リターンズ】にて一回限りのイベント上映となる富田克也監督『空の上』も、実は8ミリフィルムで撮影された作品なんですね(当日はプロジェクター上映です)。『百年の絶唱』と『空の上』、それぞれの作家の原点といえる作品、禍々しさを孕んだ田舎の原風景から時代に抗うある種の青春映画という意味でも通じるものがあるし、この機会にご鑑賞いただけると嬉しいです。次週、両監督それぞれに来館トークやりますので、ご期待ください。広島で“映画”を志している人って、どのくらいおられるのか分からないけど、このお二人の話は聞いて刺激受けてほしいなぁ。
そういえば、今回上映する『レフトアローン』の冒頭、2001年早稲田大学での「サークルスペース移転阻止闘争」の様子が写るのですが、今度の【無職と平和リターンズ】で企画&MCの行友太郎シャリバリ地下大学学長は、その現場にいたらしいですよ。「(弟の)文太が写ってなかった?」って聞かれました。「素人の乱」の松本哉さんとかと騒いでたらしく…笑いました。画面には写ってなかったと思うけど。
レフト_2

さて。好評上映中だった『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の方は4週目、ついに最終週です!割引デーかつ祝日でもある最終日(2/11)は午前中のみの上映なので、実質2/10(木)までです、ご注意ください。
この映画、劇中で、パスカルズの楽曲が使われてますね。実は2/19(土)公開の河瀬直美監督『玄牝(げんぴん)』の音楽がパスカルズのロケット・マツさんだったり、2/20(日)公開の『たまの映画』にも当然パスカルズが(石川さん知久さんがメンバーなので)登場したりと…2月の横川シネマ上映作品は、ちょっとパスカルズづいておりまして、実は注目ポイント。

そして、今週末2/11(金・祝)は、横川シネマ2011年の映画館ライブ第2弾で、名古屋のICHIくんが久々の登場です!題して【TRIANGLE JAPAN TOUR 2011】。聴く者にユーモアや自由さや開放感を感じさせる愛すべき楽曲と演奏…という意味で、そのパスカルズに通じる部分あるかも!っていうのは強引かな…パスカルズが14人編成なら、ICHIさんは“ひとり楽団”だし(笑)。スティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、メロディカ、おもちゃに声に自作楽器(下の写真の通りです!)…あと、竹馬!もはやその一挙手一投足が“音の楽しさ”を奏でるICHIくんのリトルワールドポップミュージックは、ホント必見、要体験。しかも今回は英国ブリストルから2人の女性シンガー、レイチェル・ダッド、ロジー・プレインを迎えてのジャパンツアー(海外のアーティストを迎えるのは、もしかすると二階堂和美さんの横シネ初ライブでもある、マウントイアリさん以来かも)。レイチェルさんは、何度か広島でもライブをされているけど、個人的には見逃してたので、とても楽しみ。ロジー・プレインさんもYoutubeで見たけど、イイ感じですね〜。3人ともライブ映像はYoutubeでチェックできるので、見て気になった方は絶対ライブで見た方がイイとおすすめします。
ICHI_1

ダッド_2

ロジィ_1
Youtubeとか張り付けたいんだけど、インターネットに強い方のPCがついに動かなくなったので、各自チェックでお願いします(あ、横シネのツイッタ−が機能してないのも、同じ理由からです…凹む)
さらにさらに今回は、映画館という事もあってか、3人がそれぞれに作ったアニメーションの上映もやろう!って話もでているので、是非楽しみにしていてください。楽曲を知らなくても絶対に楽しいライブ、これで予約・前売2000円はリーズナブルだと思います。予約受付中!

**********
今週の金曜日から来週にかけてのイベント3days。以下の内容です。是非いらしてください!

■2011/2/11(金祝)Rachael Dadd&Rozi Plain&ICHI ライブ『TRIANGLE JAPAN TOUR 2011』
日時:2011/2/11(金)18:00開場 19:00開演
料金:前売2000円 当日2500円
※メール予約(当日精算)ご希望の方は、件名を「2/11 イチライブ予約」として、お名前・枚数・ご連絡先を明記の上、当メールアドレスまでお申し込みください
◎スティールパン、木琴、鉄琴、トランペット、メロディカ、風船、タイプライター、声、自作楽器などを自在に演奏し、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージングがヨーロッパでも愛されている“ひとり楽団”ICHIくんのリトルワールドポップミュージックが、久々に横シネで炸裂!しかも今回は、英国ブリストルを拠点に活動する2人の女性シンガー、レイチェル・ダッド、ロジー・プレインとのジャパンツアーです。

■2011/2/12(土)『映画一揆 井土紀州2011』トークショー
トークゲスト:井土紀州監督 東琢磨さん
日時:2011/2/12(土)17:30からの『泥の惑星』上映に続いてトークショーを行います
料金:一般1100円 学生・シニア1000円
◎『ラザロ』『行旅死亡人』で高い評価を得る井土紀州監督の新作中編3本を含む特集上映【映画一揆】の開催記念トークショーです。インディペンデント映画に対する井土監督のこだわりや製作の舞台裏を伺っていきます。追加ゲストも有ります。

■2011/2/13(日)【表現の臨界点(クリティカルポイント)企画検
テーマ:無職と平和リターンズ
上映作品:「雲の上」2003年/富田克也監督/広島初公開
トークゲスト:富田克也監督 相澤虎之助
ライブゲスト:ヒデヨヴィッチ上杉 のっこん
日時:2011/2/13(日)17:00開演
料金:一般1800円 予約一般・学生1500円(回数券使用不可)
※メール予約(当日精算)ご希望の方は、件名を「2/13 無職と平和リターンズ予約」として、お名前・人数・ご連絡先を明記の上、当メールアドレスまでお申し込みください
◎「国道20号線」で高い評価を得、最新作「サウダ−ヂ」の公開が待たれる空族・富田克也監督の幻の傑作を一回限りの広島初上映&トークショーです。


**********
余談も少し。

先日、大好きなバンド・マーガレットズロースのレコ発ツアーということで、ギターボーカルの平井正也さんが来広、ソロライブがありました。マーガレットズロースには2009年にマキタ学級との【愛人巡回ツアー】で横シネに出演してもらってます。でも、今回の広島市でのライブは地元出演者も複数出るイベントらしいから、だったら翌日の福山でのワンマンに行く方がイイに決まってるなー!とオイラは目論んでいて。ところが実はその地元出演者というのが、今度2/13(日)の【無職と平和リターンズ】にライブで出演してもらう、のっこんのバンド・万年青(おもと)だと直前で知り、開演遅いし間に合うかもと急遽、仕事終わりで行くことにしました。MADHOUSEという初めていったお店。やー、行ってよかった。ライブよかった。
平井さんライブの素晴らしさは、言わずもがな。新譜「darling」からの曲も(「夕暮れとUFO」が特に好き)、音源化されていない曲も(「断乳のうた」傑作すぎる!)、あっという間でした。
のっこんは、「タカダワタル的ゼロ」上映の時にヲルガン座企画のロビーライブをしてもらったり、ハプニング的に舞台にあげられた一昨年のエリオット・スミスのトリビュートライブで七尾旅人さんやMO'SOME TONEBENDERの百々和宏さんと即興で渡り合い、ある意味“伝説”を作ったり、と何度か横シネにも登場してくれてる地元シンガー。彼のライブ、語彙や声、見る度に編成が違うんだけど揺るがない世界観、ホント飽きないなー。今回のバンドも大満足。2/13(日)の横シネイベントでは短い時間のソロ弾き語りになりますが、楽しみにしてほしいです。
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://yokogawa-cine.jugem.jp/trackback/1040
TRACKBACK